TOP >>  排泄のケア >>  おむつ・パッド



おむつ・パッド



テープ止めタイプ

パンツタイプ

パッド

軽失禁


その他(フラットタイプなど)


おむつ・パッドの選び方・使い方

【おむつ・パッド選びのポイント】

◆利用者の身体の状態
◆1日の排泄回数
◆1回の排尿量

毎日の生活の中でも、排泄は重要なポイントですが、利用者の立場になると非常にデリケートな問題でもあります。利用者の尊厳に配慮した、介助者・利用者にとって負担の少ない排泄ケア方法を選ぶ必要があります。そのケア方法のひとつがおむつやパッドを使用することです。
おむつやパッドには非常に多くの種類があり、どれを選んでいいのか迷ってしまいますが、利用者の身体の状態・1日の排泄回数・1回の排尿量などに合わせて選ぶことが大切です。

おむつ・パッドの種類

パンツタイプ
テープ止めタイプ

普通の下着と同じ形で、自分で上げ下ろしができるので心理的抵抗が少ないタイプです。背中や足まわりにぴったりフィットして、すきま漏れも防ぎ、ムレ防止機能が施されたものや、目立ちにくい薄型タイプなどもあります。
ひとりで歩ける・座れる、介助者がいれば歩ける・座れる方などに向いています。

パンツタイプ

利用者が横になったままで交換することができるタイプのおむつで、パンツタイプより吸収量が多いのが特徴です。寝た状態での横漏れや背中への漏れを防ぐ工夫が施されています。
介助者が必要で寝て過ごすことが多い方、夜間の失禁が心配な方などに向いています。

テープ止めタイプ

パッド
フラットシート

パンツタイプやテープ止めタイプなどのおむつの内側に入れて使うことができ、横漏れ防止ギャザーなどが付いたパッドです。おむつと組み合わせて使えば、尿を吸収したパッドを交換するだけですみます。
パッドはおむつよりも低価格で交換も簡単ですので、介助者の労力も軽減することも可能。普通の下着の内側にもセットできるので、軽い尿漏れがある方、心配な方などにも向いています。

パッド

普通の下着やおむつ、おむつカバーなどの内側に入れて使うことができる、漏れ防止ギャザーなどが施されていない吸水シートです。丸めたり折ったりしてすきまを埋め漏れを防止します。
さまざまな症状や体格などに応じて使用でき、経済的なメリットも高いです。

フラットシート

軽失禁パッド

軽失禁用のパッドは、普通の下着の内側に入れて使うことができ、薄型でコンパクト、目立ちにくい特徴をもっています。着け心地などにこだわったパッドや洗濯ができるパッドなど、各種そろっています。
くしゃみやせきなど、お腹に力を入れたときの、軽い尿漏れが心配な方などに向いています。

軽失禁パッド

おむつ・パッド選びの目安

身体の状態 おむつタイプ パッドタイプ 吸収量
歩ける 普通の下着 軽失禁パッド
(必要に応じて)
少ない

多い
介助者がいれば歩ける パンツタイプ パッド
(必要に応じて)
座れる パンツタイプ パッド
(必要に応じて)
介助者がいれば座れる テープ止めタイプ パッド
(必要に応じて)
寝ている テープ止めタイプ パッド
(必要に応じて)