TOP >>  眠りのケア >>  ベッド



介護ベッド



ベッド用品

ベッド

ベッド特集商品


介護ベッドの選び方・使い方

特殊寝台や電動ベッドなどとも呼ばれる、介護用具・福祉用具のひとつである介護ベッド。
1日の身体の疲れをとってくれる快適な睡眠は、健康的な毎日を送るためにも非常に大切です。介護ベッドには利用者の動作をサポートするさまざまな機能が備わっていますが、食事や着替えなど日常の活動は、できるだけベッドから出て行うようにしましょう。睡眠と日中の活動の境が曖昧な生活は、寝たきりになりやすくしてしまいます。
ベッドは毎日の生活の起点となる場として捉え、利用者の自立や活動を助ける介護ベッド選びが大切です。

介護ベッドの基本構造

介護ベッド1

  • 【ヘッドボード】取り外し可能で頭まわりの介護や転落防止などに役立ちます。
  • 【マットレス】身体症状や機能にあわせてお選びください。身体が沈み過ぎない固さのマットレスが理想的です。
  • 【ボトム】背上げや膝上げのとき身体がずれないように、この部分がゆっくりと上がります。
  • 【サイドレール】利用者の転落防止や寝具の落下防止に役立ちます。
  • 【フットボード】取り外し可能で足まわりの介護時に便利です。

介護ベッドの選び方のポイント

ポイント1 ベッド幅は広いほうが寝心地がよく狭いと介助がしやすい

介護ベッド2

ベッド幅は83・91・100cmなどがあり、一般的にベッド幅が広い方が利用者は寝心地がよく、転落防止などにもつながります。大柄の方や自力で寝返りがうてる場合もレギュラータイプや幅広タイプがおすすめです。逆に寝返りをうつのに介助者の手助けが必要だったり、介護が頻繁に必要な場合は、利用者と身体を密着しやすい幅狭タイプが選択肢に。利用者がベッドの縁をつかむことができることから、幅狭タイプのほうが、端座位の姿勢もとりやすい傾向にあるようです。

ポイント2 ベッドの高さにも注意して自立を促す

介護ベッド3

高さ調節をできる介護ベッドは数多くありますが、ベッドの縁に座ったときに足が床にしっかり付くことで(内角が90度)、ベッド中心の生活にならず、活動的な暮らしに前向きになるきっかけをつくることができます。また、車いすの座面と高さを合わせることで、移乗もスムーズに行えます。

ポイント3 背上げ姿勢が多い場合は身長と大腿部の長さに配慮

介護ベッド4

手足の麻痺などで、背上げ姿勢をとることが多い場合には、利用者の身長とベッドの大腿長に相当する部分の長さを合わせることが大切です。この部分の長さが合わないと、背上げ時に身体がずれて圧迫感を与えてしまいます。小柄な利用者の場合には、ベッドの長さが短いものにします。ベッドの長さは180・191・205cmタイプなどが一般的です。

ポイント4 離床に無理のない余裕をもったモーター数の介護ベッドを選択

介護ベッドには、ベッドの高さ調整や背上げなどを行うモーターが付いています。モーター数は1〜3個が最も一般的で、数が多くなるほど、多彩な機能が装備されています。中には4モーターの高機能介護ベッドもありますが、利用者の身体機能に合わせ、無理なく離床を行えるモーター数の介護ベッドを選ぶことを基本に、多少余裕あるモーター数のベッドを選ぶといいでしょう。

介護ベッドの機能

1モータータイプ
2モータータイプ

昇降機能、または背上げ機能が付いた介護ベッドです。
立ち上がりや起き上がりを補助し、介護度が低い方に適してしています。

【昇降機能】
ベッドの高さを調節でき、立ち上がりや介助に適した高さにすることができます。

介護ベッド6

または

【背上げ機能】
ベッドの背を上げ、起き上がりの動作を助け、好みの角度に保つことができます。

介護ベッド7

昇降機能+背上げ機能が付いた介護ベッドです。
1モーター介護ベッド同様、立ち上がりや起き上がりの補助に適し、介護度が比較的低い方に適してしています。

【昇降機能】
ベッドの高さを調節でき、立ち上がりや介助に適した高さにすることができます。

介護ベッド6

【背上げ膝上げ連動機能】または背上げのみ
ベッドの背を上げ、起き上がりの動作を助け、好みの角度に保つことができます。

介護ベッド8

3モータータイプ
4モータータイプ

昇降機能+背上げ機能+膝上げ機能が付いた介護ベッドです。寝返りがうてない、寝たきりなど、介護度が比較的高い方に適してしています。

【昇降機能】
ベッドの高さを調節でき、立ち上がりや介助に適した高さにすることができます。

介護ベッド6

【背上げ機能】
ベッドの背を上げ、起き上がりの動作を助け、好みの角度に保つことができます。

介護ベッド7

【膝上げ機能】
膝の部分が「への字」のように盛り上がり、楽な姿勢をとることができるのに加え、むくみ防止効果もあります。

介護ベッド9

昇降機能+背上げ機能+膝上げ機能+自動寝返り機能などが付いた介護ベッドです。
介護度が高い方に適してしています。

【昇降機能】
ベッドの高さを調節でき、立ち上がりや介助に適した高さにすることができます。

介護ベッド6

【背上げ機能】
ベッドの背を上げ、起き上がりの動作を助け、好みの角度に保つことができます。

介護ベッド7

【膝上げ機能】
膝の部分が「への字」のように盛り上がり、楽な姿勢をとることができるのに加え、むくみ防止効果もあります。

介護ベッド9