尿器の選び方・使い方


尿器の選び方・使い方

大きく分けて、つけっぱなしでもOKな装着型と、
排尿の都度、あてがって使用する手持ち型があります。
一般的に「尿器」「しびん」と聞いてイメージするのは手持ち型の尿器や尿瓶かと思います。

尿器


■手持ち型
手持ち型の場合は、排泄するときに局部にタンクをあてがい、排泄します。
シンプルな構造で扱いやすく、掃除や手入れもしやすいです。


■装着型
装着型尿器の場合には、尿は局部に装着した部品に受け止められ、
ホースをつたわりタンクに貯まります。
自身で尿器をあてることができない方や、尿意をコントロールできない方におすすめです。



尿器を使う利点とは…


尿器を使えば、ベッドの上でも排泄することができます。

介護をする側の視点で考えると、
夜間にトイレに連れて行ったり、トイレを失敗した際の処理などの
介護負担を減らすことができます。




おむつと違って、排泄する度に尿器をあてがう手間はかかりますが、
介護される側は、排泄物をすぐに体から離すことができて快適です。

また、自分で尿器をあてることができる方でしたら、
ぜひ自身で処理をしてもらいましょう。
「排泄を自身の手でできる」という実感は、自立心や尊厳を守ることができます。
また、排尿する時に一人になることができます。


介護をそれほど必要としない、体の状態が元気な方でも、
トイレの移動に不安が出てきたり、
冬場の寒さで、移動が億劫な場合にもお使い頂けます。

夜のトイレ移動は、日中では問題のなかった人であっても、
寝起きでぼんやりした状態ですと
ふらつきやつまづきなどから転倒しやすく、危険が伴います。

タンク型

■逆流防止弁つき
  尿をとった後、股の間から抜き取るときや持ち運ぶときなど、
  尿器が傾いても一気に流れ出さないような構造になっています。





■カバー付
  タンクが肌にあたっても、ひやっとしません。
  カバーの下のタンクは透明ですので、普段はカバーで目隠しをし、
  必要な時だけカバーを外して、中の尿の色など確認することができます。




■ガラス製
  ガラス製の尿器はなかなか見かけません。当店でもガラス製のタイプは1点のみ。
  ガラス製ですので、清潔でにおいがつきにくく、見た目も美しいです。重さがあるので安定感があります。
  欠点は、ガラスですので、落とすと割れます。





■半透明と透明?
  尿の色を見る必要がある方は、透明がおすすめ。
  見た目の抵抗がある方は、中の見えない半透明やカバー付タイプをどうぞ。
  カバー付なら、普段はカバーで目隠しでき、
  必要な時だけ中を見ることができます。





■自立取っ手
  ご自身で尿の処理をする方へ。
  自分で持ちやすいよう、通常タイプよりも長めの取っ手がついています。

  先にも書かせて頂きましたが、ご自身で尿の処理をできる方は、
  ぜひ、取っ手付きの尿器をお選びください。
  自分で排泄できたという達成感や自立の心は、とても大切です。





つけっぱなしにできる装着型

装着型は、商品によって装着方法が異なりますので、各商品を1つずつ紹介させて頂きます。

■安楽尿器DX 男性用
  カップを局部にあてて排尿するタイプ。
  尿はカップから、ホースをつたわりタンクに貯まります。
  ベルトを併用すれば、カップを陰部に固定できますので、
  夜間にも装着したままの状態で排泄ができます。
  尿意の自覚がなかったり、排尿をコントロールできない方は、こちらを利用するのがおすすめです。
  
  コンドーム型と違って、
  消耗品を追加購入しなくて良いのが大きな利点です。





■ユリドーム
  コンドーム状のゴムカテーテルを局部に装着するタイプです。
  漏れが少ないです。
  
  コンドーム状のゴムカテーテルをつけ、
  根元を面ファスナーのベルトでとめます。
  尿はゴムカテーテル→ホース→タンクへ溜まります。
  
  取り替え部分は1日1個を目安に交換して下さい。
  取り替え部分のみも販売しております。  
  ※以前、工場の火災のため、1~2年ほど外国の工場で生産されていましたが、
  現在は日本での生産が再開しております。





■ユリサーバー
  こちらも、コンドーム状のゴムカテーテルを局部に装着するタイプです。
  尿は袋にたまるようになっており、密閉方式の袋のため、臭いが気になりません。

  尿はゴムカテーテル→ホース→採尿袋へ溜まります。
  ゴムカテーテルの根元は、スポンジバンドでとめる方式です。

  ちなみに、ゴムカテーテルの部分が「ユリサーバー」という商品名です。

つけたまま、軽い外出ができる

■オルボン
  採尿袋を太ももに装着するタイプの尿器。
  局部にテーパーコンドームを取り付け、さらに尿筒を取り付け、
  ホースを伝って、太ももの尿袋へ尿がたまります。

  大きな動きはできませんが、近くの公園への外出程度なら大丈夫。



尿器、これがついていると便利

■フタ
  臭いや、尿をこぼすのを防ぎます。
  尿をとった後、トイレまで運ぶときなど、フタがあると安心です。
  フタのついていない商品(当店では、ガラス尿器など)もありますので、
  ご購入の際はよくご確認ください。

■ブラシ
  尿タンクの洗浄に。

■消臭液
  気になる臭いに。
  液体の他にも、錠剤、シートタイプ、泡タイプなど色々なタイプが出ています。

■洗錠剤
  尿タンクのがんこな汚れに。
  尿石のよごれはアルカリ性なので、酸性のつけおき剤や洗剤を選びましょう。
  バケツに水をはり、洗浄剤を溶かして、液の中に尿器やホースなどをつけおきすると、
  汚れの結晶が溶けます。

表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件