TOP >>  移動のケア >>  車いす



車いす



自走式

介助式

電動タイプ

ティルトタイプ


リクライニングタイプ

ティルトリクライニングタイプ

車椅子クッション

車椅子用品


車いすの選び方・使い方

歩くことが困難な方にとって、車いすはその「足」となり、移動はもちろんのこと、座位をとるためやリハビリなどを行ううえでも重要な介護用具・福祉用具です。車いすがあることにより、行動範囲が広がり、生活にメリハリも生まれます。
車いすは大きく分けると、利用者が自分で操作する「自走式車いす」と、介助者が操作する「介助式車いす」のふたつがあります。それぞれさまざまな機能をもった車いすがそろっているので、車いすを利用する方の「身体機能」「目的」「環境」などに合わせた車いす選びが大変重要になります。

両手で操作できる

駆動輪の位置や大きさ、ハンドリムの形状や素材、シート幅などに配慮が必要です。

片手や足で操作できる

座面が低く(低床タイプ)、足を乗せるフットサポートの着脱やスイングアウト(開脚)ができることがポイントです。

移動には介助者が必要

手押しハンドルの高さが調節できることに加え、介助用ブレーキやグリップなどにも配慮が必要です。

屋内での使用が多い

コンパクトさに加え、小回りのきく6輪タイプのもの、軽量タイプなどが操作性に優れる傾向があります。

車で移動する

車に乗せて移動し、目的地での車いす利用を想定している場合は、折り畳み幅の小さいもの、背折れ機能付きの車いすなどを選ぶ必要があります。

ベッドへの移乗を簡単にする

座面が移動先と同じ高さのもの、調整がきく車いすを選び、肘掛けがはね上げ式になっているかがポイントです。車いすの高さが本人に調度合っている場合は、電動ベッドを同じ高さに調整するのもひとつの方法です。

長時間利用する

外出や長時間車いすを利用する機会が多い場合は、背もたれを倒せるリクライニングタイプや、背もたれ・座面のクッション性などに配慮が必要です。

バランスが崩れやすい

利用者の身体的特徴から、座位でバランスが崩れやすかったり、乗車時の安定性に考慮したりする必要がある場合は、背もたれと座面の角度が調整できるティルトタイプが候補に挙げられます。

車いすの採寸ポイント

◆シート幅

お尻の幅プラス3〜5cmが目安で、介助者の手が入る程度。
シート幅=お尻の幅+3〜5cm

◆シートの奥行き

背もたれにお尻をつけて座り、膝の内側が少しでるくらいが目安です。シートの奥行きが短いと前のめりのずっこけ座りに、逆に奥行きが長いとお尻に圧力がかかり過ぎ、血行障害や皮膚疾患などを招くおそれがあります。
シートの奥行き=お尻から膝裏−5〜7cm

◆背もたれの高さ

肩甲骨の下まであることが目安で、座ったときの座面から脇の高さまでを測ります。背もたれに肩甲骨があたらないようにするのがポイントです。
背もたれの高さ=脇の高さ−5〜8cm

◆肘掛けの高さ

肘を直角に曲げて、無理なく乗せられる高さが目安となります。肘掛けが高すぎると肩が上がり反ったような姿勢に、肘掛けが低すぎると肩が下がり前のめりになり疲れやすくなります。
肘掛けの高さ=肘を直角に曲げた高さ+1〜2cm

◆シートの高さ

膝裏からかかとまでの長さで合わせますが、座面にクッションなどを敷く場合には、その厚みを考慮して、足がぶらつかないようにします。
シートの高さ=膝下の高さ+4〜6cm(足こぎされる場合は1〜2cm)

◆押し手の高さ

介助者が体の側面に手を下げた状態で、床面から親指の付け根までの高さが目安です。
押し手の高さ=床から親指の付け根+2〜5cm