TOP >>  移動のケア >>  歩行器



シルバーカー・歩行車・歩行器



固定式歩行器

交互式歩行器

キャスター付歩行器

室内用歩行車


屋外用歩行車


シルバーカー・歩行者・歩行器の選び方・使い方

足腰が弱くなったり、不安があったりすると、どうしても出歩くのが億劫になってしまいがちです。ですが歩くことによって、身体が鍛えられることはもちろん、風景や季節の移り変わり、風などを感じることにより、脳を刺激し、毎日の生活にハリや意欲が生まれるのも事実。そんな歩行をサポートするシルバーカーや歩行車、歩行器を紹介します。

シルバーカー・歩行者・歩行器の違いは?

何かと混同されがちなシルバーカーや歩行車、歩行器ですが、そこには明確な違いがあります。それぞれの特徴を知って、身体機能や使用環境に適したものを選ぶ必要があります。

シルバーカー
歩行車
歩行器
対象 自立歩行の出来る方 歩行に不安のある方 歩行に不安のある方
目的 脚部すべてに車輪が付き、より安定して歩行できるように補助的に使用します。外出時のサポート的な役割で、足の不自由な方の歩行を補助することはできません。 脚部すべてに車輪が付き、身体をあずけながら歩くことができます。歩行の安定性や支持を目的とした福祉用具です。 車輪のないものや前輪だけ車輪が付いたものがあり、身体をあずけながら歩くことができます。歩行の訓練や安定、支持を目的とした福祉用具で、リハビリなどにも多く使われ、安定性がより高いです。
機能 買い物用バッグや休憩時に座れる椅子付きタイプが多く、デザイン性も豊か。比較的軽量なものが多いです。屋外での使用に適しています。 ハンドブレーキや駐車用のストッパー付きのものが多く、買い物用バッグや休憩時に座れる椅子付きタイプもそろっています。屋内で使用できるコンパクトなタイプもあります。 身体を囲むような構造になっているので、杖で身体を支えるより、安定感があります。段差が少ない屋内での使用に向いています。
介護保険 適用不可 適用可 適用可

シルバーカー・歩行車の車輪タイプ

シルバーカーと歩行車の車輪(キャスター)タイプには、「固定式」「2way」「3way」タイプなどがあります。

【固定タイプ】
固定タイプ
進む方向が直進に限定されるため、車輪や車体が勝手に曲がらず安心です。曲がるときは車体ごと向きを変える必要があります。

【2wayタイプ】
左右タイプ
車輪を直進に固定したり、左右の決まった角度に曲がるように設定できるタイプです(直進と左右45度・直進と左右90度など)。スムーズに曲がることが可能です。

【3wayタイプ】
回転タイプ
2wayタイプに加え、車輪が360度回転するように設定できるタイプです(直進・左右45度・360度など)。

歩行器のタイプ

歩行器には、「固定式歩行器」と「交互式歩行器」があります。

【固定式歩行器】
歩行器
両手で歩行器を持ち上げて進んでいきます。

【交互式歩行器】
歩行器
フレームを斜めに変形させることができ、右、左、右、左と交互にフレームを押し出すことで進んでいきます。